동방비상천 ~ Scarlet Weather Rhapsody

위키백과, 우리 모두의 백과사전.
둘러보기로 가기 검색하러 가기
동방비상천 ~ Scarlet Weather Rhapsody
東方緋想天
개발사상하이 앨리스 환악단
황혼 프론티어
배급사상하이 앨리스 환악단
황혼 프론티어
시리즈동방 프로젝트
플랫폼마이크로소프트 윈도우
출시일2008년 5월 25일
장르격투 게임

동방비상천 ~ Scarlet Weather Rhapsody》(일본어: 東方緋想天)은 상하이 앨리스 환악단황혼 프론티어와의 공동으로 제작한 외전 작품이다.

개요[편집]

본작은 동방 프로젝트의 등장 인물을 기용한 대전형 격투 게임이다. ゲーム制作は黄昏フロンティアが担当し、シナリオ・技名・新キャラ設定・デザインや一部楽曲・一部画像などをZUNが担当している。登場人物は『萃夢想』の10名(パッチで追加された紅美鈴を除く)に加え、『花映塚』に登場している鈴仙・優曇華院・イナバ(初出:『永夜抄』)、射命丸文、小野塚小町の3名と新規の2名が追加され、合計15名が登場する。原画はalphesによる。

本作品は2006年から開発が始まっており、当初東方Project第9.8弾として制作発表され、第4回博麗神社例大祭(2007年5月20日)のアフターイベントにおいてデモプレイが行なわれた。2007年8月15日に第10.5弾へと変更になったことが発表され、コミックマーケット72(2007年8月17日)で体験版CDが頒布されている。2008年4月29日に事件の数日前を描いたストーリーのWeb体験版が公開され、第5回博麗神社例大祭(2008年5月25日)に製品版を頒布、同日に同人ショップでの委託販売も開始された。

줄거리[편집]

この物語は、『風神録』の約1年後の夏の出来事である[1]

博麗神社は、神社だけに大地震が発生して倒壊するという不可解な出来事に見舞われた。それとほぼ同時に、幻想郷で緋色の雲が観測され、また、各人の周辺だけ特定の天候になるという謎の異常気象が発生した。博麗神社の巫女の博麗霊夢や、魔法の森に住む魔法使いの霧雨魔理沙ら幻想郷の住人たちは、それぞれ調査に出かけた。

全ての事件の犯人は、天人の比那名居天子だった。天界での退屈な生活への不満と、妖怪が起こした異変を巫女が解決するという楽しそうな騒ぎへの憧れが動機で、「異変解決ごっこ」として異変を起こして、それを解決しようとする者と戦おうと考えていた。つまり、暇つぶしである。博麗神社の局地地震は、天子が自分の能力で起こしたものだった[2]

また、緋色の雲や異常気象も、天子によるものだった。緋色の雲には大地を目覚めさせ地震を起こす可能性があり[3]、放っておけば60年に1度クラスの大地震が起きるはずだった[4]

最終的に天子は出会った皆々から「退治」され、その後いつものように敵味方入り混じっての宴会が行なわれたところでこの物語は終わる。

기본 시스템[편집]

본작은 弾幕対戦型格闘ゲームというジャンルの違いから、システム面では大幅な違いが見られる。

플레이어 캐릭터[편집]

まず、性能の異なる複数の登場人物のうち1人を選択。所有するカード(後述)は対戦開始前にコンフィグで設定することができる。ストーリーモードでは初めは3人しか選択できないが、条件を満たすことで選択可能な人物が増えていき、最終的には15人が選択可能となる。フリーモードやプラクティスモードでは最初から13人使用可能で、新登場人物も一度対戦して勝利すれば使用可能になる。

특수 동작[편집]

대시
ダッシュは、通常よりも速い速度で移動するときに使用する。空中でも使用出来る。(空中ダッシュは後述の飛翔とは別物。)
비상
空中で使用することで、霊力を消費しながら飛行できる。空中ダッシュとは、ジャンプ攻撃を出せるようになるまで少し遅い・上下や斜めを含めた8方向に飛べる・途中のキー操作によってある程度旋回出来る(キャラによって程度の差はある)などの違いがある。
그레이즈
カスりの事。従来のシューティングゲームの作品におけるグレイズの名前を使ってはいるが別物。ダッシュや一部の攻撃技等、特定の行動中は「グレイズ状態」になり、この状態の間は飛び道具等の射撃属性の攻撃に接触してもダメージを受けない。主にダッシュや飛翔の他、一部の技に付与される。グレイズ出来ない射撃も存在する。「射撃に対する無敵」とは別物。
회피 결계
ガードをキャンセルして移動する。移動中はグレイズ状態になる。コストとして霊力を1消費する。また、この方法で消費した霊力は、後述のガードクラッシュのように霊力ゲージが1つ潰れて赤くなる。
카드 사용
スペルカードなどのカードを使用する。カードにはコストが設定されており、そのコストの分だけカードを消費する。詳細は後述。

매개 변수 관계[편집]

체력
敵の攻撃を受けると減少し、0になると一本を取られる。
残機
体力が0になると減少し、残機が無い状態で体力が0になるとゲームオーバーとなる。ストーリーモードのみ。
手札
攻撃を当てる・受ける等すると手札ゲージが増加し、ゲージが1本溜まるとデッキからカードを1枚引いて手札に加える。カードによって決められた数だけ手札(=溜まったゲージ)を消費して発動する。
最大5枚まで持つ事が出来、5枚持っている状態(=ゲージが5本満タンの状態)では、カードを消費するまでそれ以上溜まらない。また、デッキから引けるカードがなくなってしまうとそこまでしかゲージが溜まらなくなる。
영력
飛翔や射撃技の使用、特定の攻撃をガードしたりグレイズすると減少。時間経過で自動的に回復する。
霊力が無い状態では霊力を必要とする行動は使用できない他、この状態でさらに霊力を削られるガードを行うと「ガードクラッシュ」を起こしてガードが解けてしまう上に一定時間無防備状態になる。さらに、ガードクラッシュを起こすと霊力ゲージが1つ赤色になって潰れてしまい、自然回復で元に戻るまで、霊力ゲージの最大値が減少してしまう。

카드 시스템[편집]

カードシステムも、他の作品と比較すると大幅な違いが見られる。

개요[편집]

승패
ストーリーモードでは、自キャラは3つの残機を持った状態でスタートし、体力が0になるたびに残機を1つ失って体力を全回復する。残機が0の状態で体力が0になると敗北となる。減った体力は次のステージに進むと回復するが、失った残機は戻らない。相手キャラは残機が無い代わりに、体力が0になるたびに、体力を全回復してスペルカードの名を冠した特殊な攻撃パターンに移行する。相手キャラが持っている全てのスペルカードを撃破すれば勝ちとなる。(相手キャラの方が体力が0になってから復活する回数が多いため、体力は通常の半分程度になっている。)
アーケードモードおよび対戦では体力が0になると1本になり、2本先取で勝ちとなる。
덱 구축
キャラを使用するにあたってデッキを構築する必要がある。
所持するシステムカード・スキルカード・スペルカードの中から合計20枚、同じカードは最高4枚までの条件でカードを選び、デッキとする。
手札のゲージがたまったときにランダムでデッキからカードを1枚手札に加えられる。
ストーリーモードでは第1ステージから最終ステージまで通して1つのデッキを継続して使うため、使ったカードはコンティニューしない限り二度と出てこない。代わりに、スキルカードで変更したり強化したりした技は、同じくコンティニューするまでずっと変更/強化されたままである。
アーケードモードおよび対戦では1本目~3本目の間ではデッキの残りや手札の状態を全て引き継いで次を開始するが、試合が終わればデッキは元に戻る。

카드 사용[편집]

カードを使用するには「手札」が必要で、これを所有していれば「カード使用」を行う事ができる。カードを使用すると即座に効果が発動するが、発動までに隙があるため、攻撃を受けるとカード使用は中断される。

カードは3種類あり、システムカード、スキルカード、スペルカードに分かれている。ストーリーモードや対戦モードなどをプレイすることで新たにカードを入手できる。

시스템 카드
全登場人物共通のカード。天候(後述)を発動させたり、体力などを回復させたり、霊撃を行ったりするカードなどが存在する。消費コストは1枚。
스킬 카드
必殺技を変更したり強化することができるカード。消費コストは1枚。
스펠 카드
各登場人物固有の強力な攻撃が可能。消費コストはスペルカードによって異なり、最大5枚消費する必要がある。

스토리 모드의 스펠 카드[편집]

ストーリーモードの場合、敵が使用するスペルカードはアクションゲームのボスキャラのような状態となる。発動すると制限時間が表示され、時間内に敵のライフを規定以下にすれば取得となる。ただし、制限時間が過ぎても次の攻撃に移ることはなく、突破するまでは攻撃は続く。なお、このときの敵の体力は原則通常以下である。

天候[편집]

戦闘中に天候が変化することがある。戦闘画面で天候と気質値が表示されており、気質値が100%となったときに表示されている天候に空模様が変化する。天候は気質値が0%となるまで続き、その天候に応じて双方の登場人物に何らかの効果が付加される。ストーリーモードでも天候が変化するが、それはあくまでも見た目の変化のみである。

등장인물[편집]

새로운 등장인물[편집]

ここでは、『緋想天』が初出の登場人物を解説する。なお、以下の内容は、作中における会話と「キャラ設定.txt」、および『東方求聞口授』における各キャラクターに関する記述による。

나가에 이쿠[편집]

나가에 이쿠
永江 衣玖
동방 프로젝트》 등장인물
첫 등장동방비상천 ~ Scarlet Weather Rhapsody
정보
종족요괴: 용궁의 사자
능력/특기공기를 읽는 정도의 능력
나가에 이쿠
일본어식 한자 표기: 永江 衣玖
가나 표기: ながえ いく
국립국어원 표준 표기: 나가에 이쿠
통용 표기: 나가에 이쿠
로마자: Nagae Iku


용의 세계와 인간의 세계의 틈에 사는 용궁의 사자라고 불리는 요괴

평소에는 구름 속을 헤엄쳐 용신의 모습을 지켜보고 있다. 용의 말을 이해하고 중요한 내용만 인간과 요괴에게 전한다고는 하지만 정말 “전할 뿐”이다. 본인은 매우 온화한 성격이며, 다툼을 일으키는 것도 말려드는 것도 좋아하지 않는 성격이지만, 환상향에 큰 지진이 발생하는 것을 감지하고 그것을 전달하기 위해 환상향에 나타나기 때문에 환상향 주민 일부에게서 지진의 원인으로 오해 받고 전투가 일어났다.

그녀는 공기를 읽는 정도의 능력을 가지고 있어서, 인간에게 쉽게 익숙해질 수 있다.

비상천 작중에서 그녀의 발언에 따르면 그녀의 지진 예지는 지진 자체를 감지하는 것이 아니라 진홍색 구름의 공기를 읽고 지진 발생을 예측하는 것이다. 따라서 히나나위 텐시가 일으킨 인위적인 국지적 지진은 눈치채지 못하고 “앞으로 일어날 대지진”에 관해서는 전부터 준비하는 기질이 모아지고 있었기 때문에 감지할 수는 있었지만 인위적인 것에 대해서는 통보하지 않았다.

입고 있는 진홍색의 긴 깃털 옷은 휘두를 수 있는 무기다. 단순히 기세좋게 부딪치는 것 말고도 팔에 감아 드릴 모양으로 변형시키는 것도 가능하다.

텐시를 “총령의 따님”이라고 부르고 상하 관계가 있기 때문에 기본적으로 텐시를 거스를 수는 없다. 그러나 변덕스러운 성격의 텐시에게 애를 먹고 있으며, 야쿠모 유카리에게 “뜸을 떠줘”라고 부탁하는가 하면[5] 스스로도 조금 혼내주려고 하고 있다.[6]


히나나이 텐시[편집]

히나나위 텐시
比那名居 天子
동방 프로젝트》 등장인물
첫 등장동방비상천 ~ Scarlet Weather Rhapsody
정보
종족천인
능력/특기대지를 흔드는 정도의 능력
히나나위 텐시
일본어식 한자 표기: 比那名居 天子
가나 표기: ひななゐ てんし
국립국어원 표준 표기: 히나나이 덴시
통용 표기: 히나나위 텐시
로마자: Hinanai Tenshi

천계에 거주하는 천인.

히나나위 가문의 딸이다. 히나나위 일족은 천인이 되기 전에 지진을 진압 요석을 지키는 역할을 담당했던 신관이며, 환상향의 지진을 담당하고 있는 신관이던 나위 일족의 부하였다. 나위 일족이 죽어 나위노카미라는 신령으로 모셔질 때 부하였던 히나나위 일족도 공로를 인정받아 천인으로서 천계에 사는 것이 허용되었다.

그러나 천인이 되었다고 해도 어디까지나 나위 가문에 봉사한 공적에 의해서이고 천인로서의 격을 대비하기 위한 수행을 쌓은 것은 아니기 때문에, 히나나위 일족은 다른 천인에게서 불량 천인이라고 불린다. 이외에 텐시는 부모가 나위 가문을 섬기고 있었다는 이유만으로 천인이 되어 있으며, 또한 어려서부터 유복한 가정에서 자랐기 때문에 상당히 변덕스러운 성격이며, 불량의 이름을 갈고 닦았다.

원래 이름은 히나나위 치코. 현재의 텐시라는 이름은 천인이 될 때 개명한 것이다. 나가에 이쿠로부터 “총령의 따님(소우료우 무스메사마, 総領娘様)”이라고 불리고 있다.

천계에서의 지루한 생활에 불만을 느끼고 있으며, 비상의 검을 사용하여 환상향에서 이상 기상에 따른 이변을 발생시켜, 범인을 밝혀내기 위해 자신을 방문한 자와 싸우는 것으로 심심풀이를 시도했다.

대전 시에는 요석과 비상의 검을 사용한 대지를 뒤흔드는 공격을 사용한다. 지진을 조종하는 요석을 환상향에 접속하거나 분리할 수 있는 것은 히나나위 일족뿐이다. “기질을 파악하는 정도의 능력”을 가진 비상의 검은 천인 밖에 취급할 수 없는 칼이며 기질을 모으거나 확실하게 상대의 약점을 누르는 능력을 가진다. 작중에서 이 검의 힘에 의해 기질을 받고 있으며, 그녀의 일부 스펠 카드에만 “기질을 모두 소비하여 날씨를 강제 종료 시킨다”라는 특징을 지니고 있다. 텐시는 땅을 조종하는 요석과 하늘을 조종하는 비상의 검을 사용하여 천지인의 모든 것을 조종할 수 있다고 생각된다.

대화 이벤트에서 처음에는 경어를 사용하여 차분한 태도로 접해오지만, 조금이라도 생각대로 가지 않으면 곧 자신 이외의 모든 존재를 업신여기고 있는 땅의 성격을 표출한다. 일견 단락적이고 무계획처럼 보이지만 실은 당찬 일면을 지니고 일련의 사건을 통해 몰래 하쿠레이 신사에 히나나위 일족과의 인연을 묶으려고 했기 때문에 야쿠모 유카리의 분노를 샀다.

자유분방하고 제멋대로인 성격은 하늘을 찌를 정도이며, 자신의 능력에 절대적인 자신감을 갖고 있으며, 자신의 능력을 비방 받으면 격앙한다.

특별한 수행을 하고 있는 것은 아니지만 천도 복숭아의 효과로 사쿠야의 칼이 박히지 않을 정도로 몸이 튼튼하다.

히나는 시마네 현 이즈모 시의 히나 신사에서 모시는 신 히나도리노 미코토(比那鳥命)에서 유래했다. 나위는 대지를 나타내는 고어이며, 나위후루는 지진이 일어나는 것을 의미했지만, 의미가 변화하여 나위=지진이 되어 지진의 신이라는 호칭으로 사용하게 되었다. 나위 가의 유래인 나위 신사(名居 神社)는 미에 현 나바리 시 시모히나치에 있다.

以下は設定上存在するものの、作中に実際の登場は無い。

名居一族(なゐ-)、名居守(なゐのかみ)
地震を司る天人「大村守(おおむらのかみ)」に仕えていた神官。多忙な大村守から幻想郷の地震を任されていた。死後、神霊して祀られることになり、その際「名居守」と呼ばれるようになった。山の池の畔にある小さな祠から今も幻想郷を見守っている。
比那名居天子が引き起こした一件について永江衣玖が報告したときはだいぶ怒っていたらしく、衣玖が天子に改めて自分から報告するよう勧めている[7]
比那名居の総領
比那名居一族の者。『緋想天』衣玖ルートのエンディングによれば、地震の親玉のようなものらしい。
ナマズ
地中深くに居て地震を引き起こすとされる神。咲夜ルートの6面や霊夢ルートのエンディングで言及されるが、作中で実際に登場することはない。
天子ルートのエンディングには、妖怪などではない普通の大きなナマズが登場し、これは調理されて宴会の酒の肴になった。

기존 등장인물[편집]

다음 등장인물들은 《비상천》에서 처음으로 등장한 캐릭터가 아닌 캐릭터이다.

鈴仙・優曇華院・イナバ、小野塚小町、射命丸文の3名と、先述した永江衣玖と比那名居天子を合わせた計5名は、東方Projectの対戦型格闘ゲームシリーズとしては初登場となる。『萃夢想』の追加登場人物である紅美鈴は、『緋想天』には登場していない。

하쿠레이 레이무
하쿠레이 신사의 무녀. 신사가 지진으로 무너지는 바람에, 그 범인을 찾고 있다.
키리사메 마리사
魔法使い。霧雨続きであるため、それを解決するために出かける。
이자요이 사쿠야
紅魔館のメイド。体から出る緋色の気を不審に思い、調査に向かう。
앨리스 마가트로이드
魔法使い。地震の予兆を感じ取り、調査に出かける。
파츄리 널리지
魔女。普段は自分から行動する事は無いのだが、今回の気質の変化に誰も気付かないことから重い腰を上げ、犯人を突き止めたが・・・
콘파쿠 요우무
半人半霊。天候の変化と幽霊の減少を不審に思い、調査に向かう。
레밀리아 스칼릿
吸血鬼。天候の変化を解決するために、容疑者を紅魔館に呼び寄せている。
사이교우지 유유코
亡霊。天候の変化を受け入れ、むしろ利用している。
야쿠모 유카리
妖怪。天子の企みを見抜き、打ち破ろうとしている。
이부키 스이카
鬼。気質を萃めている者がいることを感じ取り、その元へ向かっている。
パチュリーのストーリーモードでは、『萃夢想』の異変の犯人であったという理由から、彼女からは、今回の騒動の犯人だと疑われ(決め付けられ)ている。
레이센 우동게인 이나바
月の兎。永遠亭周囲の竹林に起きた異変から地震を警戒し、調査に出かける。
샤메이마루 아야
鴉天狗。山を登りにきた者を引きとめようとしている。文のストーリーモードでは、取材のために各所を回っている。
오노즈카 코마치
死神。気質によって天候が変わることを知り、暇つぶしに出かける。

플레이어 캐릭터는 아니지만, 일부 스펠 카드나 스토리 모드 엔딩에서는 다음 캐릭터가 등장한다.

음악[편집]

以下の3曲をZUNが作曲している。

  1. 黒い海に紅く 〜 Legendary Fish
  2. 有頂天変 〜 Wonderful Heaven
  3. 幼心地の有頂天

관련작품[편집]

全人類ノ天楽録
本作のオリジナルサウンドトラック。2枚組で、あきやまうにによるアレンジ曲も収録。コミックマーケット74(2008年8月16日)にて頒布された。
緋想天符録 WEATHER LIGHT
本作の15名の登場キャラタクターから各人1枚ずつのスペルカード15枚についてイラストカード化したもの。COMIC1☆3(2009年4月26日)にて頒布された。
동방비상천칙 ~ 초대형 기뇰의 수수께끼를 쫓아
동방 프로젝트 제 12.3탄으로, 上海アリス幻樂団と黄昏フロンティアの共作の弾幕アクションゲーム。『非想天則』単体でも動作するが、『緋想天』のアペンドディスクとしても使用できる。

각주[편집]

  1. http://www.tasofro.net/touhou105/story.html
  2. 『緋想天』霊夢ルートの6面。
  3. 『緋想天』パチュリールートの4面。
  4. 『緋想天』衣玖ルートの1面。
  5. 《비상천》유카리 루트의 4면
  6. 《비상천》이쿠 루트의 6면
  7. 『緋想天』マッチモードの、衣玖対天子戦での衣玖の勝利セリフ。


외부 링크[편집]