나카시마 카즈키

위키백과, 우리 모두의 백과사전.

나카시마 카즈키
中島 かずき
Kazuki Nakashima by Gage Skidmore.jpg
출생1959년 8월 19일(1959-08-19)(63세)
후쿠오카현 타카와시
직업각본가
극본가
소설가
편집자
활동 기간1985년~현재


나카시마 카즈키 (中島 かずき, なかしま かずき, 1959년 8월 19일[1] )는 일본의 각본가, 극작가, 소설가, 편집자다.극단☆신감선의 좌정 작가이다. 후쿠오카현 다가와시 출신. 1978년, 후쿠오카현립 다가와 고등학교 졸업. 1982년 릿쿄 대학 문학부 심리학과 졸업. 초기의 필명은 카즈키 유다이이다.

학력[편집]

릿쿄대학 문학부 심리학과

내력・인물[편집]

편집자[편집]

릿쿄대학 재중에는 만화연구회 소속이다.[2]

2010년 8월 20일자로 퇴사할 때까지는 후타바샤 회사원으로,[3] 각본가·작가업은 그 곁으로 갔다.후타바샤 재적 중에는 『만화 액션』 「루팡 3세 official 매거진」등의 편집자를 맡았다.[4][5][6] 만화가 우스이 요시토와는 초기 작품 편집을 담당한 인연으로 교류를 돈독하게 되었고, 2002년에는 『짱구는 못말려』극장 영화 10편을 기념해 『짱구는 못말려 영화 대전』을 기획·출간했다.

그 밖에 편집을 담당했던 작품으로는 게터로보서가 등이 있으며, 본인 가로되 지금은 일본에서 가장 이시카와 선생(이시카와 켄)의 단행본을 만든 편집자라는 것이다. 이시카와가 이 작품의 열렬한 팬이어서 스스로를 게터자라고 자부했다. 나카지마 가즈키 명의로 후타바샤측의 치프 프로듀서나 제작 대표로서 애니메이션이나 영화에 관련되기도 했다. 야마다 미츠로 「8시야! 전원 집합의 만드는 법」(후타바샤, 2001년)의 후편에도, 사토 케이이치와 함께 담당 편집자로서 언급되고 있다.

각본가[편집]

고교 시절부터의 지인 이노우에 히데노리의 권유로 『불꽃의 하이퍼 스텝』에서 극단 ☆ 신감선 공연 작품에 참가, 이후, 자리 매김 작가가 되었다.[1] 『수라성의 일곱 사람』 「수사노오」 「아수라성의 눈동자」 등 뿌리 깊은 팬을 가지는 작품을 써내려, 이른바 「이노우에 가부키」의 세계관을 만들어 내는 데 있어서, 빠뜨릴 수 없는 역할을 완수했다.독특하면서도 상쾌하고 뜨거운 이야기를 다루는 것도 특징이다.

2007년 봄에는 첫 애니메이션 작품의 시리즈 구성을 맡은 『천원돌파 그렌라간』과 신감선에서의 희곡이 원작이 되어 제23화의 각본을 담당한 『오에도 로켓』의 2편의 TV 애니메이션이 방영되고 있다.

특촬 팬을 공언하고 있으며, 초기 신감선 작품에서는 후루타 신타의 등장 장면에서 「돌격! 휴먼」의 패러디를 한 적도 있었다고 한다. 성사되지는 못했지만 특수전대 데카레인저의 각본을 구상하기도 했다.2006년 '울트라맨 맥스'로 염원하던 특촬 각본 데뷔를 했고, 이후에도 2007년 '수권전대 게키레인저', 2010년에는 '가면라이더W'와 특촬 각본을 담당할 기회가 늘어 2011년 9월부터 방송된 '가면라이더 포제'에서 첫 메인 각본을 담당했다.

약력[편집]

  • 1985년 : 극단 ☆ 신감선에 좌지우지 작가로 참가했다.
  • 2003년 : 『아테루이』로 제2회 아사히 무대 예술상 · 아키모토 마쓰시로상, 제47회 기시다 쿠니시 희곡상을 수상했다.
  • 2004년 : 《성칠인》으로 소설가로 데뷔했다.
  • 2009년 : 규슈 희곡상의 최종 심사원을 맡았다.

연극 각본[편집]

무대 각본[편집]

극단 ☆ 신감선[편집]

  • 炎のハイパーステップ
  • TIMESLIP黄金丸
  • 夢見る無法者
  • ハイパーステップの伝説
  • 星の忍者
  • 阿修羅城の瞳
  • 宇宙防衛軍ヒデマロ3
  • スサノオ〜神の剣の物語
  • 仮名絵本西遊記
  • 髑髏城の七人
  • 宇宙防衛軍ヒデマロV
  • まるひ浪花女漫才師哀歌
  • 古田新太之丞 東海道五十三次地獄旅
  • スサノオ〜武流転生
  • 野獣郎見参!
  • 花の紅天狗
  • SUSANOH〜魔性の剣
  • LOST SEVEN
  • 七芒星
  • 西遊記〜PSY U CHIC〜
  • リトルセブンの冒険
  • 大江戸ロケット
  • アテルイ
  • SHIROH
  • 荒神 〜AraJinn〜
  • 朧の森に棲む鬼
  • 五右衛門ロック
  • 蛮幽鬼
  • シレンとラギ
  • 蒼の乱
  • 五右衛門VS轟天
  • 偽義経冥界歌[7]
  • 狐晴明九尾狩
  • 神州無頼街

기타[편집]

  • 月影十番勝負 第壱番『ねぇ、キスしてよ!―Kiss me, Stupid』(1995年
  • 月影十番勝負 第弐番『月の輝く夜に』(1996年
  • 月影十番勝負 第参番『河童』(1997年
  • ラフカット『溝呂木秋彦の憂鬱』 (1998年
  • 月影十番勝負 第四番『唇からナイフ』 (1998年
  • 銀河の約束(1998年
  • 月晶島綺譚(1999年
  • 月影十番勝負 第五番『僕の美しい人だから』(1999年
  • Gem Stone『横綱はエクソシスト/溝呂木秋彦の憂鬱』(2000年
  • 出島(2000年
  • 音楽活劇『レディ・ゾロ』(2003年
  • OINARI 浅草ギンコ物語(2003年
  • ジャンヌ・ダルク2010年2014年
  • 真田十勇士2013年
  • No.9 -不滅の戦慄-(2015年

영상 작품[편집]

テレビアニメ[편집]

웹 애니메이션[편집]

OVA[편집]

극장 애니메이션[편집]

텔레비전 드라마[편집]

실사 영화[편집]

ゲキ×シネシリーズ[편집]

기타[편집]

서적[편집]

소설[편집]

에세이[편집]

희곡[편집]

  • LOST SEVEN(1999年11月 論創社
  • 阿修羅城の瞳 Blood gets in your eyes(2000年8月 論創社)
  • 踊れ!いんど屋敷 古田新太之丞東海道五十三次地獄旅(2000年10月 論創社)
  • 野獣郎見参 Beast is red(2001年3月 論創社)
  • 大江戸ロケット(2001年8月 論創社)
  • アテルイ(2002年8月 論創社)
  • 七芒星(2002年12月 論創社)
  • 花の紅天狗(2003年4月 論創社)
  • 阿修羅城の瞳 2003年版 Blood gets in your eyes(2003年8月 論創社)
  • OINARI 浅草ギンコ物語(2003年9月 論創社)
  • アカドクロ/アオドクロ 髑髏城の七人(2004年10月 論創社)
  • SHIROH(2004年12月 論創社)
  • 荒神(2005年3月 論創社)
  • 朧の森に棲む鬼(2007年1月 論創社)
  • 五右衛門ロック(2008年7月 論創社)
  • 蛮幽鬼(2009年10月 論創社)
  • 薔薇とサムライ GOEMON ROCK OVER DTIVE(2010年3月 白水社)
  • ジャンヌ・ダルク(2010年11月 論創社)
  • 髑髏城の七人 Ver.2011(2011年8月 論創社)
  • シレンとラギ(2012年4月 論創社)
  • ZIPANG PUNK 五右衛門ロックⅢ(2012年12月 論創社)
  • 真田十勇士(2013年8月 論創社)
  • 蒼の乱(2014年3月 論創社)
  • キルラキル脚本全集(2014年9月 KADOKAWA)
  • ゴエモンvs轟天(2015年6月 論創社)
  • 阿弖流為(2015年7月 論創社)
  • No.9 不滅の旋律(2015年10月 論創社)
  • 髑髏城の七人 花(2017年3月 論創社)
  • 髑髏城の七人 鳥(2017年7月 論創社)
  • 髑髏城の七人 風(2017年9月 論創社)
  • 髑髏城の七人 月(2017年11月 論創社)
  • 戯伝写楽(2018年1月 論創社)
  • 髑髏城の七人 極(2018年3月 論創社)
  • 偽義経冥界に歌う(2019年3月 論創社)
  • 偽義経冥界に歌う 令和編(2020年2月 論創社)
  • 新 陽だまりの樹(2020年4月 論創社)- 原作:手塚治虫

만화 원작[편집]

  • ジェノサイド(2005年 アクションコミックス 全2巻)- 作画:小林拓己
  • 闇鍵師(2005年 - 2008年 アクションコミックス 全4巻)- 作画:赤名修
  • takeru 〜SUSANOH 魔性の剣より〜(2006年 - 2007年 ブレイドコミックス 全4巻)- 作画:唐々煙
  • oguna takeru 〜SUSANOH 魔性の剣より〜 外伝(2007年 ブレイドコミックス 全1巻)- 作画:唐々煙
  • 大江戸ロケット(2007年 - 2009年 アフタヌーンKC 全3巻)- 作画:浜名海
  • LOST SEVEN(2008年 - 2010年 ブレイドコミックス 全4巻)- 作画:高治星
  • 天元突破グレンラガン 紅蓮学校篇(2009年 角川コミックス・エース 全1巻)- 作画:吉川かば夫、ストーリー構成:財津A司
  • 天元突破グレンラガン 螺旋少年譚(2010年 角川コミックス・エース 全1巻)- 作画:たくま朋正
  • クレヨンしんちゃん SHIN-MEN(2011年 - 2013年 アクションコミックス 全3巻)- 作画:相庭健太
  • キルラキル(2013年 - 2015年 角川コミックス・エース 全3巻)- 作画:あきづきりょう
  • 天元突破グレンラガン 男一匹編(2013年 ヒーローズコミックス 全1巻)- 作画:ののやまさき
  • クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014年 アクションコミックス 全2巻)- 作画:相庭健太
  • 天元突破グレンラガン 男どアホウ!編(2014年 - 2015年 ヒーローズコミックス 全3巻)- 作画:ののやまさき
  • 天元突破グレンラガン 決戦!男組編(2016年 - 2017年 ヒーローズコミックス 全4巻)- 作画:ののやまさき

기타 활동[편집]

  • JUNK BOY - 双葉社の漫画作品。1987年にアニメ化された際にゲスト声優を務める。

각주[편집]

  1. スポーツ報知 2014.4.5 24面
  2. 【連載企画】中島かずきの「このマンガもすごい!」 <第2回>関川夏央/谷口ジロー『「坊っちゃん」の時代』 このマンガがすごい!WEB内 2017年3月21日 2019年6月7日閲覧
  3. http://www.aera-net.jp/magazine/denjinn/100826_001875.html
  4. 本人曰く、脚本執筆は仕事の終わりか、土日休日のみに行っていたという。
  5. 連載企画】中島かずきの「このマンガもすごい!」 <第1回>大月悠祐子『ど根性ガエルの娘』 このマンガがすごい!WEB 2017年2月17日 2019年6月7日閲覧
  6. 映画秘宝』2019年7月号、p.46
  7. 単行本の書名は『偽義経 冥界に歌う』ISBN 978-4846018047
  8. “Re:キューティーハニー”. 東映アニメーション. 2016년 5월 23일에 확인함. 

외부 링크[편집]